若気の至りがもたらす未来

10代の頃は肌がこんがり小麦肌になる事が当時の流行りで、運動もしていたので肌も引き締まって更に見栄えするような姿に、自分でも気に入ってはいました。大学に入り、美容を気にする知人・友人が増え、海に行っても日焼け止め、百貨店の何処のブランドの化粧水は美白になる、などの会話が飛び交う中、私は「大変だね。」と他人事で気にもしておらず、化粧水は愚か洗顔にも興味もなく石鹸で顔を洗う始末。

シロジャムを使い続ける効果

挙げ句の果てにボディークリームを顔に塗る姿に、「男じゃん!!」と周囲に笑われるも全く意に介さず状態でした。元々童顔な上に肌も強かったようで、こんなレベルの美容法で友人の買い物について行った先の百貨店化粧品売り場でも、絶賛される程の艶を誇っていたので、そんな周囲の言葉の数々より変な自信がついてしまっていました。

友人から、「20代後半になったら今の日焼けがシミになって出てくるから、絶対に後悔するよ!」と言われても尚30代に突入するまで美容に関してさほど気にしていませんでしたが、数年後。。。今現在目の下にはシミが大行列を成しうっすら現れ、頬骨あたりはシミと分かるほどのものが出現してしまい、当時の友人の言葉が的中してしまう未来となってしまいました。「後悔先に立たず」とはよく言ったもので、長年の日焼け肌がほうれい線を呼び覚まし、シミ帝国が出来上がりつつある私のお肌。タイムマシンがあるならその当時の私に「君はいつまでも若くない。準備せよ。」と言ってやりたいです。