ワキガが気になる場合に減らしたい食材

ワキガは日々の食生活とも深く関係しています。まず過剰摂取を避けたいのが動物性たんぱく質と脂肪です。動物由来のたんぱく質は匂いが強い物質を発生させ、脂肪は体内で酸化されて匂い成分につながります。そのため、このような食材をまとめて摂取すると一時的に体臭が強まることも少なくありません。ワキガ体質の方は特に強まりやすいくなります。

http://ciosta2019.com/

ファストフードやコンビニ弁当ばかりの食生活はワキガ体質に直結するので注意が必要です。チーズなどの乳製品やこってりした麺類も体臭を強めやすくなります。また、見た目ではわかりませんが、チョコレートやスナック菓子、クッキー系のスイーツにも脂肪分が豊富なのでついつい食べ過ぎてしまってワキガにつながる方も少なくありません。ワキガ対策となると制汗剤や汗拭きシートといった製品にばかり注目されがちですが、食生活を少し見直してみただけでワキガ対策に大きな効果を得られる可能性は高いです。

ワキガによる体臭は汗が皮膚で生きている細菌の影響で分解されて生まれるので食生活だけ完治するのは難しいですが、見直すと急に気にならなくなる方も多いことは覚えておいて損ではありません。栄養バランスの乱れの改善にもつながりやすく、一石二鳥です。