シミを気にするのはおかしなことなのかも!?

三十代前半まであまり気にしていなかった顔のシミは若いときからのダメージの結晶です。
私はメイクを落とさず寝てしまったり、日焼けどめを全く塗らなかったり、明らかにお肌をいたぶり続けてきました。
その結果38歳の今、顔だけではなく手の甲にもシミやシワがでてきています。

http://whitefusehub.com/

昔から吹き出物はできにくく比較的肌はきれいな方だったので、私は大丈夫とたかをくくった結果です。
幼い我が子のお肌にさわると半端なくキメが細かくてすべすべしていて、あー昔はこんなだったなぁと自分の当時の危機感のなさに呆れていた頃です。
あるテレビ番組で、フランスの女性達が映っていました。

皆さん化粧もせず、白い肌には目立ち過ぎるほどのたくさんのシミでした。
その女性達が「どうしてシミを隠さないのですか?」というインタビューに返した言葉は
「シミやシワは大人の女性としての魅力と言われているから、隠すなんて有り得ないわ」
というものでした。

衝撃です!日本人はシミやシワを隠すことに必死なのに、なんて潔い考え方なんだ!と思いました。
確かにシミやシワがあっても美しく輝いている女性はたくさんいます。
出来てしまったものはしょうがない。と私も潔く生きていこうと心に決め、いざ鏡の前に立つと…。
やっぱり無くなって欲しいな、と我がシミとシワを見て思ってしまうのは日本人のサガでしょうね。