体重測定式ダイエットでうまくいった

若い20代までは何もしなくても太りませんでしたが最近は同じ量食べてもすぐにお腹や顔に出てしますいます。持病のため通院が定期的にあるのですがその際体重を測る時にストレスになります。おいしいものやお酒を楽しむのは適度にはいいのですが満腹にならないと気が済まない、などとなっていた自分がいました。これではいけないと思い奮起して体重計を購入し毎日測るようにしました。その際には細かく測れるとよいです。

http://www.michel-mourier.com/

100g単位ではあまり意味がなく最低50g単位で分かるものが望ましいです。毎日起床時と寝る前に測るとその体重を自覚できるため食事もセーブしやすくなりました。またお通じの習慣の大切さも身にしみてわかりました。水分をしっかりとり野菜をしっかりとって毎日快便で今は体重が増えないように維持できています。ピーク時は若い時の2割ほど体重が増えていましたが今では1割を切るほどになりました。

時々食べ過ぎてしまうこともあるのですが諦めてしまうとすぐに戻っていますのでそれまでの苦労が水の泡にならないように自重できます。これからも体重を測り続けて健康もキープしていきたいと思います。今後できることとして家族や友人に体重の変化について目標を宣言しておくとさらに良いかもしれないと思いました。