時代とともに変わる私の髪の悩み

女性なら髪に対するこだわりや悩みは尽きないものですよね。
私も子供のころから髪には多く悩まされてきました。生まれた時から天然パーマがあり、小学校高学年から中高生にかけてはとにかくストレートアイロンとストレートパーマに追われていました。年頃の女の子はうねうねっとした髪ではなくサラサラストレートヘアに憧れるものです。

MEDULLA(メデュラ)シャンプーの口コミ&効果を暴露!市販の実店舗で購入できる?

毎朝頑張って時間を作ってはストレートアイロン。年に数回は親に頼み込んでストレートパーマ。とにかく髪の毛をまっすぐにすることに尽力した学生時代でした。大学生になると今度は茶髪にゆるふわウェーブ。あれだけ髪がふわふわするのが嫌だったのにロングにしてパーマをかけるようになります。不思議です。就職活動が始まるとまた黒髪ノーパーマに戻ります。がっちりポニーテール一択しかできなくなり、サイドの髪を少しだけ残し巻く、など遊び心もできません。前髪は目にかからないように、後ろは全部一つに束ねる。まったく面白くありませんでした。

就職すると一気に解放です。生まれて初めてショートカットにしたら大成功。ただ、ショートは毎日のセットが大変です。ワックスでふわふわくしゃくしゃにすれば寝ぐせのままでも楽じゃんとか言われますが、ショートボブなので基本ストレート。毎朝髪を濡らして乾かす作業の繰り返しです。
小さい頃からその時その時の髪の悩みはありましたが、これからも自分の髪を気に入っていきたいです。