肌トラブルを増やさないコツ

肌悩みは各年代、肌質で様々ですが多くの人がありますよね。ニキビやシミ、シワはその代表ではないでしょうか。敏感肌で何をしていいか分からないという方もいらっしゃると思います。私もニキビは10代の頃からずっとありますし、最近になって肌荒れが多く安定しづらくなりました。

それでも小さなトラブル程度に抑えられているコツをお伝えします。透輝美

1つ目は、痒みや痛みがある場合は医療機関に相談することです。時間がなかったり面倒に感じるかもしれませんが、まずは炎症を抑えることが大切です。先生によってはどんなスキンケア使うといいか相談に乗ってくれたりもしますので、聞いてみるのもいいと思います。

2つ目は、いろんなスキンケアを試すのは控えることです。今はスキンケアの種類も豊富でたくさん試したくなりますが、何かしらのトラブルをかかえている時はスキンケアステップをできるだけ少なくし、頻繁に変えないことです。ヒリヒリしたり痒みがでないようなら1か月は同じもので様子をみましょう。敏感肌の場合は劇的な効果があることよりも、可もなく不可もなく、が実は安定した肌をつくるヒントになることも。ニキビ肌の方はスキンケアを選ぶ際、ノンコメジェニック(ニキビが発生しにくいアイテム)かどうかをチェックしたり、油分より水分、セラミド成分が多めの商品を選ぶと不快感の軽減につながるかもしれません。

早く大きな効果を得たい方にはもどかしいかもしれませんが、じっくり付き合っていくことは大切だと思います。

全ての方に合う方法ではありませんが、何かのヒントになればと思います。